自力戦法型は風の抵抗を受けながらも体力と精神力で突き進むパワータイプです。

ラインを組む選手同士

 

競輪は他の公営ギャンブルとは違う独特な戦法が存在しています。
それが、複数人で協力し合うラインの形成です。

 

このラインの攻防を読むことが競輪の醍醐味だと言っても過言ではありません。

 

そんな競輪のラインの中にも複数の戦法があるため、ここで詳しく紹介して行きたいと思います。
ここではライン攻防の中でも「自力戦法型」についてまとめました。
自力戦法型がどんな戦法なのか、どんな魅力を持っているのかを見て行きましょう。

 

自力戦法型とは?

首をかしげる男性

この自力戦法型とは体力勝負のパワータイプだと言って良いです。

 

ラインの中で先頭を突き進み、誰よりも前に出て駆け抜けるのが特徴となります。

 

戦法としては先行逃げ切りになるため、体力と精神力で突き進む純然たるパワーがものを言います。
最後まで先頭を駆け抜けられるかを見守る時間は、手に汗握る楽しいものになるでしょう。

 

そもそもラインの先頭を走るということは、風の抵抗を最も受けてしまいます。

 

競馬や競艇と違い己自身の足でスピードを出す競輪では、この風の抵抗が曲者なのです。

 

通常だと風の抵抗を受けながら先頭をキープするのは至難です。
しかし、だからこそ先頭をキープしたまま逃げ切る瞬間を夢見て応援したくなるのです。

 

自力戦法型のタイプ

体力と精神力を武器に先頭を駆け抜けるのが自力戦法型の特徴です。
ですが、自力戦法型の中にもいくつかのタイプがあり、それぞれに魅力を秘めているので紹介します。

 

まず、最もスタンダートなのが

先行逃げ切りタイプです。
その名の通り序盤から終盤まで先頭を走って逃げ切ろうとするタイプで、並外れた体力や精神力が無ければパワー切れになるでしょう。

 

次に紹介するタイプは

つっぱり先行です。
これは相撲のつっぱりのごとく、後ろから追い上げて来る競輪選手の道を妨害する戦法となります。
重戦車が先頭を走っているイメージで、誰も前に行かせない大きな壁のようなスタイルです。

 

他にも、かまし先行タイプがあり、これは中盤になって一気に先頭に抜け出し逃げ切る戦法も多く使われます。
このように自力戦法型の中にも、最初から突っ走るタイプや後続を妨害するタイプ、中盤から先頭へ躍り出るタイプがあるのです。
共通するのは、風の抵抗と正面から戦う体力と精神力が並外れたパワータイプの戦略だという点です。
様々な戦略タイプがあることを知っておけば競輪の楽しさは何倍にも増えるでしょう。

 

自力戦法型の魅力

何と言っても全身全霊をかけて先頭を走り抜ける熱い魂に惹かれるでしょう。
時速70キロを超える競輪のスピードで受ける風の抵抗は、ものすごい負担になります。

 

そんな負担を体力と精神力で駆け抜けていく姿は、熱く燃えるの一言に尽きます。
ギャンブルの枠を超えた熱い走り様には、一種の感動さえ覚えるはずです。
つらい風の抵抗を乗り越えてレースに勝つ様は、シンプルにかっこいいと感じるでしょう。

 

自力戦法型に少しでも魅力を感じるならば、競輪場でその走りを見てみてください。
競輪に感動する人

情報サイトを最大限に活用するコツ